Record of the Dead

アニメ・漫画・ゲーム・ラジオ等について語るブログです。NO OTAKU NO LIFE! 現在はアニゲラディドゥーーン!の同人誌を鋭意製作中!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ・声優ラジオ紹介本について②


どうも。
コミティア115受かりました。

レコン・ギス田です。

場所は東京ビッグサイト東5・6ホール。
日時は1月31日(日)の11:00~16:00になります。
ジャンルはC。スペースNoは V27b になります。
当サークルRecord of the Deadは新作同人誌を引っさげて出展させていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

というわけで何とか本のほうが完成&頒布できそうなので告知です。

先日から紹介させてもらっていた、「アニメ・声優ラジオ紹介本」。

正式なタイトルは
「声を詠むひと。 声優ラジオのすすめ」になります。

今回のテーマとしては、「声優ラジオを知らない人に、おすすめのラジオを紹介していく」という、割とどんなひとでも楽しめる本を目指してみました。
知っているようで知らない、色々な声優ラジオを紹介・布教するのが目的なので、ぜひともいろんな方に手にとってもらえればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

それでは簡単に紹介番組とそのタイトル、執筆陣について今回は紹介させてもらいます。

今回の本での原稿・紹介記事のラインナップはこちらになります。

『PippyとDGS!!』  pippy

『絶望放送黙示録』 ふさ千明

『小松さんは俺の太陽なんだよ』 チンモミ・アハーン

『RADIO4Gamerのやや間違った楽しみかた』 マイティ

『KR第一期 「アニメをお楽しみにね☆」』 けろろも

『神懸かった噛み合わなさ オオカミックラジオ』 レコン・ギス田

 という具合です。全部で六人・六記事を今回は紹介したいと思います。といっても内容を僕が紹介しすぎるというのも野暮なので、執筆をお願いするまでの経緯と、その印象についてです。

まず最初にあげた執筆者になるpippy氏とふさ千明氏。このどちらも、実はブログにてそれぞれのラジオについての感想を書き綴っていらっしゃる方です。

pippyとDGS!!
ふさ千明のおたネタ日記

 pippy氏は「神谷浩史・小野大輔のDearGirl〜Stories〜」について、ふさ千明氏は「さよなら絶望放送」についての感想を、その自分のサイト・ブログにて綴っておられます。どちらも数百回にも及ぶ長寿番組で、声優ラジオ好きならその名を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 どちらもブログではかなり細かくそれぞれの番組について文章化しており「自分なりの番組の楽しみ方を心得ており、かつそれを他の人に伝えるのが好きな人」という風に見込んでお願いでした。
 正直ギス田としてはどちらの番組も全回聴取しておらず、知らない番組について教えてもらいたい、という形での打診(しかも見ず知らずの相手から)ですので、色々と難しいだろうと思ってはいたのですが、両名ともに本のコンセプトを説明した上で、是非とも寄稿をお願いしたい旨お伝えしたところ、どちらも快諾してくれました。
どっちもいい人です。

 pippy氏は番組とご自身の出会いやその印象を交えつつ、DGSがどれだけ面白いか、どれだけすごいか、を情感豊かに伝えてくれています。
 ふさ千明氏は非常に丁寧かつ落ち着いた文体でありつつ、絶望放送が打ち立てた伝説の数々をユーモアたっぷりに紹介してくれています。
 どちらも自分自身が全てを知ることができてない番組ですが、この両名の原稿の読み応えは十二分だと身をもって確信しています。

 それから、奥の手としてアニゲラが生んだ鬼才、チンモミ・アハーン氏にも寄稿をお願いしたところ、快諾をいただきました。
 この方はおなじみ「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン!!」にて常習的にハガキを投稿されているハガキ職人という奴でして、その中でも特に個性的なメール内容で名物リスナーとして番組ファンの間では認知されている方です。
 いろんな意味で予想は出来ないと思っていましたが、やはりそんな感じです。
他の方と同じように、本のコンセプトを紹介して、その上でどうでしょう、という話をしたのですが、他の皆さんとはまったく違う原稿が来ました。
 これは逆にアニゲラを知らない人、チンモミさんを知らない人が読むとどんな気持ちになるんだろう、と開き直った思いで原稿を握り締めている今日この頃。
 いや、鬼才というのはこういう人を言うのでしょう。怖いもの見たさでもなんでも、見てもらいたいです!

 あとは当サークルで出したアニゲラ同人誌でもすでにお馴染み、絵師のマイティ氏とけろろも氏。この両名にも、今回は文章でもぜひその情熱を見せてほしい、という打診をさせてもらい、両名とも協力に応じてくれました。

 フリーライターのマフィア梶田氏が好き過ぎて、クソコラ職人としてもその名を馳せている、イラストレーターのマイティ氏。
 この方はメールなんかでやり取りしていると非常に丁寧できちんとしたものの捉え方をしているのが伺える方で、きっと文章でもマフィア梶田氏を玩具にしてくれるのだろう、という期待からお願いしました。
 結果はさすがというべきか。マフィア梶田氏がパーソナリティーを勤める「RADIO 4Gamer」について、しっかりと書き上げてくれました。非常に慎重にかつ落ち着いたやり取りをさせていただきましたが、原稿自体は大概ハジけているのが面白いですね。

 けろろも氏は言葉数こそ多くないのですが、色々とイラストや言動から伺える静かな情熱を見込んで、それをぜひ披露していただければ、とお願いさせていただきました。年齢的にもまだ一番若く、瑞々しい感性もひしひしと。
アニメKについてのラジオ、KRの第一期をテーマに原稿と格闘しています。
 現在別件で少々立て込んでいるそうなのですが、原稿についてはかなり意欲的に取り組んでくださっており、なかなか良いものを見せてもらえそうな予感がひしひしとしています。

あともう一人プライベートでの友人も誘っていたのですが、残念ながら音信不通の消息不明になるという謎の展開で、残念ながら見送る羽目に。まあこういうこともよくありますよね同人的に!?

 そして勿論僕。レコン・ギス田も書かせていただいてます。今回テーマとしては皆が知ってる番組を、ということでメジャな番組を紹介、というのが筋になるのでしょうが、ぶっちゃけ個人的に書きたい紹介したい、ということでちょっと昔のラジオ番組、オオカミックラジオについて紹介させてもらいました。他のに負けないよう、がんばります(汗

 今回はこの六人の原稿を一冊の本にまとめて紹介させてもらっています。
 原稿に関しては、本当だったらツイッターやブログ上とかで応募したり、もっと色々手はあったかも、とも思いますが、今回は期限も短く、「この方なら」と見込んで僕の方からお願いする形となりました。
 日数的に無理かも、と思いつつ、寄稿を快諾してくださった皆様には感謝しかありません。

ただそれとは別として、発起人としてはいずれも高いクオリティの原稿が続々集まっていて、なんともいえぬ興奮があります。
実際、原稿がどれも非常に面白いんですよ。
皆さん本当に書き方がぜんぜん違っていて、それぞれ番組に興味がそそられます。
これは是非とも多くの人に読んでもらいたい、とうずうずしています。

 「声を詠むひと。 声優ラジオのすすめ」

色々と声優ラジオを全然知らない方にも、昔少しだけ聞いていた人にも、聞いている人にも、是非とも読んでもらえればと思います。

どうぞお楽しみに。


まだまだお伝えしたいことはありますが、今回はここまで
それでは。

レコン・ギス田
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://recordoff87.blog.fc2.com/tb.php/30-73216794

 | ホーム | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

レコン・ギス田

Author:レコン・ギス田
京都在住のオタク。
ネットラジオとゾンビとロボットをこよなく愛する男。
「声優ラジオ解説同人誌」なる謎の新ジャンル本を製作中。
題材は「杉田智和のアニゲラ!ディドゥーーン」と「洲崎西」です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (38)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。